TOP 徹底解説 理科年表FAQ 理科年表広場 理科年表プレミアム 質問箱
暦部 天文部 気象部 物理/化学部 環境部
トップ  > 徹底解説 > 暦部 > 月の出入の基準の違いは? 月の出のない日がある?
  月の出入の基準の違いは? 月の出のない日がある?
暦部 「太陽・月」より
理科年表広場ユーザ
最新年度版・理科年表をお求めいただいた読者特典として、本項目で紹介した表のデータ(拡大画像・テキスト(CSV)データ)をダウンロードいただけます。
(理科年表広場ユーザ登録が必要です。登録方法)

メンバー用アクセス

理科年表 2019
大正14年創刊以来の伝統・歴史とともに、記述の正確性にも定評がある科学データブックの最新版です。理科年表オフィシャルサイト探索のお供に、ぜひともご活用ください。また、本書のご購入により、オフィシャルサイト内「理科年表広場」へのアクセスが無料となります。
☆ハンディタイプの「ポケット版」と、大きな活字の「机上版」の2種類がございます。(内容は同一です。)
◆ポケット版
A6判 
定価1,400円+税
◆机上版
A5判 
定価2,800円+税
詳細はこちら
 月は満ち欠けすることと月が地平線近くで太陽ほどは目立たないことから、その出入は月の中心が地平線や水平線に一致する時としている。ただし、精密天体暦である海上保安庁の天体位置表では米英暦等と同じく、月出入も、日出入と同様に月の上端で計算されている。


 月は平均 29.5 日の周期で満ち欠けする。三日月は夕方の西空低くに見え、まもなく沈むが、上弦の月は昼に東の空に現われ、夕方南の空に見え、真夜中に西の空に沈む。月の出入や南中は 1 日に平均 50 分遅れる。


 月出の時刻のない日がある。たとえば 2006 年 1 月 21 日から 23 日の東京の月出入りは次のようになっている。

日次
月出
月入
1月21日
1月22日
1月23日
23時16分
-- 時--分
0時16分
10時09分
10時33分
11時00分

 つまり 1 月 22 日には月出の時刻がない。このことから 1 月 22 日には月が見られないと考える人がいるようだが、それは間違いである。 1 月 21 日の 23 時 16 分に出た月は翌 22 日の昼 10 時 33 分に沈む。つまり 22 日はその日の初めから地平線の上に月が見えている。その次に月出が起こるのは 22 日の夜中を過ぎた 23 日 0 時 16 分になる。



【相馬 充 国立天文台光赤外研究部(2006年4月)】



月出から月入




月の形


月の形と日付の関係は、その月の朔の時刻、運動の遅速によって 1 日くらいずれる。ふつう想像するより 3 日月とは細いものである。