トップ 徹底解説 理科年表FAQ 理科年表広場 理科年表プレミアム 質問箱
理科年表とは 特集 読む ラインナップ バックナンバー よくある質問 検索 ヘルプ
トップ  > 特集 > 2012 年のおもな天文現象
 2012 年のおもな天文現象

理科年表 平成29年版
大正14年創刊以来の伝統・歴史とともに、記述の正確性にも定評がある科学データブックの最新版です。理科年表オフィシャルサイト探索のお供に、ぜひともご活用ください。また、本書のご購入により、オフィシャルサイト内「理科年表広場」へのアクセスが無料となります。
☆ハンディタイプの「ポケット版」と、大きな活字の「机上版」の2種類がございます。(内容は同一です。)
◆ポケット版 A6判
定価1,400円
+税
◆机上版 A5判
定価2,800円
+税

 2009 年 7 月 22 日の皆既日食につづいて、2012 年 5 月 21 日には金環日食を日本で見ることができる。それも、九州地方南部、四国地方南部、近畿地方南部、中部地方南部、関東地方など広範囲にわたって金環食を見られるので、自宅にいながらにして眺められるという人も多いに違いない。

図 1 皆既日食と金環日食

図 2 金環食帯


  もし部分食しか見えない地域でもがっかりすることはない。金環食は、月が遠くにあるために太陽全体を覆い隠すことができず、太陽がリング状に残って見える現象であり、皆既食と違って周囲が暗闇になることはないからだ。また、多くの地域で最大食分は 0.9 以上であり、気温や明るさの変化に気づくこともあるだろう。動物がそわそわと騒ぎ出す様子も見られるかもしれない。
 しかし、それでも太陽光は十分に強烈なので、日食グラスや投影板、ピンホール現象などを利用して安全に観察していただきたい。また、太陽高度が低いのでいろいろな地上物と
一緒に写真をとろうとする人も多いと思われる。デジタルカメラのCCD を破損しないよう、撮影中に太陽光を直接見ないよう注意しながら、テクニックを駆使して挑戦することになるだろう。
 国内で金環食が見られるのは 1987 年 9 月23 日の沖縄以来 25 年ぶりのことで、さらに 1 つ前は 1958 年 4 月 19 日(奄美大島や八丈島など) で、今回の日食から3 サロス前にあたる。次回はちょうど 1 サロス後の 2030 年 6 月1 日(北海道) まで待たねばならない。

図 3 日面経過のしくみ

図 4 日面経過

 6 月6 日には金星の日面経過が全国で見られる。金星の日面経過とは、太陽−金星−地球がほぼ1 直線状となり、金星が黒い点となって太陽の前を横切っていく現象を指し、太陽面通過と呼ぶこともある。少しばかりリングが太いが、金星版の金環日食といってもよく、太陽光を直接見ることのないよう、安全に観察していただきたい。
 2006 年11 月9 日には水星の日面経過も見られたが、金星の場合はみかけの大きさが太陽の32 分の1 程度と大きく、見ごたえが違う。また、今回は日の出や日の入りにかからず、最初から最後まで経過の全過程を眺められる。
 さらに、この現象はめったにお目にかかれない。朔(新月) のたびに日食が起こらないのと同様に、金星の軌道面が地球の軌道面に対して約3 度傾いているため、その交点付近で地球と金星の両方がそろう必要があるからだ。この条件を満たすのは大変まれなことで、8 年、121.5 年、8 年、105.5 年という周期でくりかえすのみである。
 前回は8 年前の2004 年6 月8 日だったが、次回は105.5 年後の2117 年12 月11 日までない。日食と違い国内に限った話ではないので、よほど長生きをしない限りは今回がラストチャンスとなるわけで、絶対に見逃せない。

1874 年 12 月09 日 1882 年 12 月 6 - 7 日 昇交点付近
2004 年 06 月08 日 2012 年 06 月 06 日 降交点付近
2004 年 06 月 08 日 2012 年 06 月 06 日 降交点付近
2117 年 12 月11 日 2125 年 12 月 8-9 日 昇交点付近
表1: 近年の金星日面経過

 なお、1874 年すなわち明治7 年12 月9 日の日面経過ではアメリカ、フランス、メキシコから観測隊が送り込まれ、明治維新から間もない日本に近代的な天文観測技術、測量技術がもたらされたことも、日本の科学史上忘れてはならない出来事である。 *1

図 5 金星食のしくみ

図 6 金星食

 このほかに、8 月14日の未明には石垣島などを除くほぼ全国で金星食あるいは月による金星の掩蔽(えんぺい)と呼ばれる現象が見られる。これは月が金星の前を横切って金星を隠してしまう現象であり、今回は月の明るい側から金星がもぐりこみ、暗い側から出てくる。日面経過では太陽の前だった金星も、今度は月が相手なので後ろ側にまわることになる。観測地によってはあたかもトルコ国旗のような状態になったり、月の端を金星がかすめたりする。
  一般に惑星食は日食と同様に見られる範囲が狭く、また、現象が起きるのが夜間とは限らないこともあり、好条件で見られることはそれほど多くない。しかるに今回は、等級- 4.3 と太陽や月を除けばもっとも明るく輝く天体である金星が、西方最大離角(8 月15日) 付近と太陽から離れた位置にあり、日本の多くの地域で最初から最後まで全過程を見られるという絶好のチャンスである。加えて、ペルセウス座流星群の極大も近いので、一晩で両方のイベントを楽しめるかもしれない。金環日食や日面経過と違い、とくに道具がなくても安全に観察できるのも魅力である。
 このように2012 年は楽しみな天文現象が目白押しである。これらの現象の詳しい状況や予報については、暦象年表・暦要項のほか、暦計算室ホームページでも調べることができる(http://eco.mtk.nao.ac.jp/koyomi/)。ぜひご活用いただきたい。
 あえて言おう、2012 年のテーマは「がんばれ日本!オリンピックイヤーは(環日食)!(星日面経過)!(星食)!」であると。

【片山真人 国立天文台天文情報センター】

*1  斉藤国治, 金星の日面経過について, 東京天文台報第16 巻