TOP 徹底解説 理科年表FAQ 理科年表広場 理科年表プレミアム 質問箱
暦部 天文部 気象部 物理/化学部 環境部
トップ  > 徹底解説 > 物理/化学部 > 引張り強さ
 引張り強さ
物理/化学部 「引張り強さ」より
理科年表広場ユーザ
最新年度版・理科年表をお求めいただいた読者特典として、本項目で紹介した表のデータ(拡大画像・テキスト(CSV)データ)をダウンロードいただけます。
(理科年表広場ユーザ登録が必要です。登録方法)

メンバー用アクセス


理科年表 2022

大正14年創刊以来の伝統・歴史とともに、記述の正確性にも定評がある科学データブックの最新版です。理科年表オフィシャルサイト探索のお供に、ぜひともご活用ください。また、本書のご購入により、オフィシャルサイト内「理科年表広場」へのアクセスが無料となります。
☆ハンディタイプの「ポケット版」と、大きな活字の「机上版」の2種類がございます。(内容は同一です。)
◆ポケット版
A6判 定価1,650円(税込)
◆机上版
A5判 定価3,520円(税込)
詳細はこちら

 この表は、物体固体 がどの程度の引張りの強さで破壊するかが挙げられている。 1 m2 に何ニュートンの力が加わると壊れるかであるが、多くの固体では 1081 億パスカル 前後である。鉄を例にとれば鋳鉄が 1.0 〜 2.3 × 108 、ついで鍛鉄の 2.9 〜 4.5 、鋳鉄の 4.0 〜 6.0 、鋼鉄の 7.0 〜 10.8いずれも × 108 で、さすがに鋼は強く、鋳物いものは弱い、革ベルトが 0.3 〜 0.5× 108 ) というのもおもしろい。鉄に比べたら、革などはるかに弱い感じがするが、それでも鉄の 1/10 の強さがある。ズボンのベルトなどが切れてしまうのはよく経験することであるが、これは使用中に材料が劣化してしまう、つまり材料を形成する分子の配列があちこちで不規則になり、その不規則な部分が本来の強度の 1 万分の 1 や 10 万分の 1 にまで減ってしまうからにほかならない。要は、新品なら皮でも頑丈なのである。


 また、この表には、物質を針金状にした場合の破壊強度も併せて掲載されている。単なるアルミニウムは 108 程度だが、これに銅 ほぼ 4 %、マンガンほぼ 0.5 %、マグネシウム ほぼ 0.5 %を混ぜたジュラルミンは 4.0 〜 5.5 × 108 にもなり、航空機などの材料に用いられるのも当然だろう。タングステンの値が 15 〜 35× 108 と大きいことからもわかるように、白色電球のフィラメントにこれが用いられるのは、もちろん融点が高い 高温でも融けにくいのが重要な理由だが、力学的に強いのも原因の 1 つになっている。


 ピアノ線 18.6 〜 23.3× 108 ) も最も強い針金の 1 つであり、さまざまな道具に用いられているのはよく知られている。

【理科年表編集委員会(2006年11月)】