TOP 徹底解説 理科年表FAQ 理科年表広場 理科年表プレミアム 質問箱
暦部 天文部 気象部 物理/化学部 環境部
トップ  > 徹底解説 > 暦部 > 日の出・日の入りの時刻を知る
  日の出・日の入りの時刻を知る
暦部 「太陽・月」より
理科年表広場ユーザ
最新年度版・理科年表をお求めいただいた読者特典として、本項目で紹介した表のデータ(拡大画像・テキスト(CSV)データ)をダウンロードいただけます。
(理科年表広場ユーザ登録が必要です。登録方法)

メンバー用アクセス


理科年表 2022

大正14年創刊以来の伝統・歴史とともに、記述の正確性にも定評がある科学データブックの最新版です。理科年表オフィシャルサイト探索のお供に、ぜひともご活用ください。また、本書のご購入により、オフィシャルサイト内「理科年表広場」へのアクセスが無料となります。
☆ハンディタイプの「ポケット版」と、大きな活字の「机上版」の2種類がございます。(内容は同一です。)
◆ポケット版
A6判 定価1,650円(税込)
◆机上版
A5判 定価3,520円(税込)
詳細はこちら
日の出・日の入り時刻
 太陽の上辺が東の地平線から出たときを日の出、西の地平線に入ったときを日の入りという。


 太陽の見かけの半径は 16 分角度あり、大気の屈折により太陽は角度で約 35 分浮き上がって見えるので、太陽の中心が地平線下約 51 分角度に達したときに日の出、日の入りの時刻となる。


南中

 太陽の中心が真南にきたときを太陽の南中という。このときに太陽の高度は一日のうちで最も高い。同じ速度で一様に動く太陽と実際の太陽との時刻の差が均時差である。均時差があるために南中は 1 年中同じ時刻ではない。

 
 太陽は日周運動によって東から西へ動くので、南中の時刻は経度が東の場所では早く、西の場所では遅くなる。札幌の南中時刻に比べ那覇の南中時刻は約 55 分遅くなる。


日の出・南中・日の入りの時刻

 札幌・仙台・東京の 1 年間の日の出・南中・日の入り時刻を図で示す。上から日の出・南中・日の入りの時刻で、 3 都市を 1 つの図にまとめている。日の出・入り図の横軸は月日で、 20 日毎に日付を目盛っている。縦軸は中央標準時で出入りは 30 分毎、南中は 10 分毎に目盛っている。

【中井 宏 国立天文台天文情報センター(2006年4月)】