TOP 徹底解説 理科年表FAQ 理科年表広場 理科年表プレミアム 質問箱
暦部 天文部 気象部 物理/化学部 環境部
トップ  > 徹底解説 > 暦部 > 各地の日出入
  各地の日出入
暦部 「各地の日出入」より
理科年表広場ユーザ
最新年度版・理科年表をお求めいただいた読者特典として、本項目で紹介した表のデータ(拡大画像・テキスト(CSV)データ)をダウンロードいただけます。
(理科年表広場ユーザ登録が必要です。登録方法)

メンバー用アクセス


理科年表 2022

大正14年創刊以来の伝統・歴史とともに、記述の正確性にも定評がある科学データブックの最新版です。理科年表オフィシャルサイト探索のお供に、ぜひともご活用ください。また、本書のご購入により、オフィシャルサイト内「理科年表広場」へのアクセスが無料となります。
☆ハンディタイプの「ポケット版」と、大きな活字の「机上版」の2種類がございます。(内容は同一です。)
◆ポケット版
A6判 定価1,650円(税込)
◆机上版
A5判 定価3,520円(税込)
詳細はこちら
東京 東経 139°44' 29".27  北緯 35°39' 27".7

 

日出入計算に使用されている各地の経緯度 世界測地系 )


 これらの地点は各道府県庁が所在する市の中で経度緯度ともに 1' の整数倍になる地点が選ばれている。


 東京の予報地点は、理科年表の凡例に書いてあるように、東京都港区麻布台 2-1 旧東京天文台大子午儀中心跡になっている 旧麻布狸穴。たぬきの穴と書いて “ まみあな ” と読む。旧東京天文台はここにあった )。日本経緯度原点の位置はやや異なる。経緯度原点の方は旧東京天文台の子午環中心があった場所で、 1892 年明治 25 年 )に当時の陸地測量部がその地点を経緯度原点と定めたことが始まりである。なお、麻布は高台であるのに、標高 0 m という仮定の場所にして計算してある。


 なお、日本の経緯度は 2002 年 4 月 1 日から、従来の日本測地系に代わって世界測地系を基準にすることになった。それに従って、東京の予報地点の経緯度も理科年表平成 15 年版から世界測地系による経緯度に改定された。


【相馬 充 国立天文台光赤外研究部(2006年11月)】