TOP 徹底解説 理科年表FAQ 理科年表広場 理科年表プレミアム 質問箱
暦部 天文部 気象部 物理/化学部 環境部
トップ  > 徹底解説 > 生物部 > リンパ球などのホーミングにかかわるケモカイン
  リンパ球などのホーミングにかかわるケモカイン
生物部
「リンパ球などのホーミングにかかわるケモカイン」より
理科年表広場ユーザ
最新年度版・理科年表をお求めいただいた読者特典として、本項目で紹介した表のデータ(拡大画像・テキスト(CSV)データ)をダウンロードいただけます。
(理科年表広場ユーザ登録が必要です。登録方法)

メンバー用アクセス


理科年表 2022

大正14年創刊以来の伝統・歴史とともに、記述の正確性にも定評がある科学データブックの最新版です。理科年表オフィシャルサイト探索のお供に、ぜひともご活用ください。また、本書のご購入により、オフィシャルサイト内「理科年表広場」へのアクセスが無料となります。
☆ハンディタイプの「ポケット版」と、大きな活字の「机上版」の2種類がございます。(内容は同一です。)
◆ポケット版
A6判 定価1,650円(税込)
◆机上版
A5判 定価3,520円(税込)
詳細はこちら

  リンパ球T細胞 ・ B細胞 )、抗体を作る形質細胞、抗原提示をする樹状細胞などは、目的に応じて仕事を果す上で必要な組織に集まっていく必要がある。特定の免疫担当細胞が特定の部位に遊走していき定着することをホーミングという。それは当の組織でどのようなケモカイン 白血球を呼び寄せるサイトカインが産生されているか、免疫担当細胞がどのケモカインに対するレセプターを持つかで定まってくる。

 

【矢田純一 東京医科歯科大学名誉教授(2008年 3月)】