TOP 徹底解説 理科年表FAQ 理科年表広場 理科年表プレミアム 質問箱
暦部 天文部 気象部 物理/化学部 環境部
トップ  > 徹底解説 > 生物部 > T細胞と抗原提示細胞との相互作用における作用分子
  T細胞と抗原提示細胞との相互作用における作用分子
生物部
「T細胞と抗原提示細胞との相互作用における作用分子」より
理科年表広場ユーザ
最新年度版・理科年表をお求めいただいた読者特典として、本項目で紹介した表のデータ(拡大画像・テキスト(CSV)データ)をダウンロードいただけます。
(理科年表広場ユーザ登録が必要です。登録方法)

メンバー用アクセス


理科年表 2022

大正14年創刊以来の伝統・歴史とともに、記述の正確性にも定評がある科学データブックの最新版です。理科年表オフィシャルサイト探索のお供に、ぜひともご活用ください。また、本書のご購入により、オフィシャルサイト内「理科年表広場」へのアクセスが無料となります。
☆ハンディタイプの「ポケット版」と、大きな活字の「机上版」の2種類がございます。(内容は同一です。)
◆ポケット版
A6判 定価1,650円(税込)
◆机上版
A5判 定価3,520円(税込)
詳細はこちら

 T細胞は一部を除き抗原単独には反応できない。 MHC分子同種移植において拒絶反応の主要な対象となる細胞表面の抗原、ヒトでは HLAに当の抗原断片が結合した型のものに抗原レセプターで反応する。 MHC分子にはクラス I とクラス II とがあり、クラス I はほとんどすべての組織の有核細胞が表出しているが、クラス II は樹状細胞・マクロファージ ・ B細胞など一部の種類の細胞しか表出していない。 CD8+T細胞はクラス I、CD4+T細胞はクラス II を使用する。B細胞の抗体産生を助けたり、CD8+T細胞の反応を助けたり、マクロファージを活性化したりするのは CD4+T細胞なので、CD4+T細胞の作用が重要である。CD4+T細胞が反応するには樹状細胞などが抗原を取込み適当な大きさに処理し MHCクラス II に結合させて表出する必要がある。そうした働きをする樹状細胞などを抗原提示細胞という。T細胞は抗原レセプターで相手に反応したというだけでは活性化されず、他の表面分子に抗原提示細胞上の分子が結合したり、抗原提示細胞が産生するサイトカインの作用をうけたりする共刺激を必要とする。最初の反応では T細胞上の CD28分子と抗原提示細胞上の CD80/CD86分子との結合が重要である。このとき作用するサイトカインにより誘導されるT細胞に違いが生じる。IL-12 は Th1細胞を、 IL-4 は Th2細胞を、IL-10 は Tr1細胞を、TGF-β・IL-10 は Th3細胞を、マウスではIL-6・TGF-β 、ヒトでは IL-1、IL-6、IL-23 は Th17細胞を誘導する。したがって抗原提示細胞が有効に働くには、CD80 などの共刺激分子を十分に表出していること、サイトカインを産生できることが必要である。T細胞からの作用により抗原提示細胞が活性化されるという相互作用も存在する T細胞からのインターフェロンγ、CD154分子の CD40分子への結合など )。

図 T細胞と抗原提示細胞との相互作用における作用分子

 

【矢田純一 東京医科歯科大学名誉教授(2008年 3月)】