トップ 徹底解説 理科年表FAQ 理科年表広場 理科年表プレミアム 質問箱
理科年表とは 特集 読む ラインナップ バックナンバー よくある質問 検索 ヘルプ
トップ  > バックナンバー > 平成18年 > トピックス > 暦部 水星の日面経過
 暦部 水星の日面経過

理科年表 2019
大正14年創刊以来の伝統・歴史とともに、記述の正確性にも定評がある科学データブックの最新版です。理科年表オフィシャルサイト探索のお供に、ぜひともご活用ください。また、本書のご購入により、オフィシャルサイト内「理科年表広場」へのアクセスが無料となります。
☆ハンディタイプの「ポケット版」と、大きな活字の「机上版」の2種類がございます。(内容は同一です。)
◆ポケット版
A6判 
定価1,400円+税
◆机上版
A5判 
定価2,800円+税
詳細はこちら

 水星の日面経過は,地球から見て,水星が太陽の前面を横切る現象で,水星の太陽面通過ともいう.水星の公転面は地球の公転面に対して約7度傾いているために,2つの面が交わる線上(水星の昇交点,降交点方向)を水星と地球が同時に通過し,太陽−水星−地球と一直線に並んだときに日面経過が起こる.地球が水星の交点方向を通過するのは毎年11月10日頃(昇交点)と5月8日頃(降交点)なので,この頃に水星が交点に来れば日面経過になる.
  水星の昇交点から水星が1周する時間は約87.97日,地球は365.25日である.この比はおおよそ13:54となり,地球が13周する間に水星は54周し,約13年後に同じような日面経過が見られる.より高い精度では,地球と水星がそれぞれ46周と191周する周期があり,46年ごとにほとんど同じような日面経過が見られる.
  2000年から2085年までの水星の日面経過を図に示す.46年ごとの昇交点付近の一連の日面経過は徐々に北(上)側へ,降交点では南(下)側へ移動する.この移動のずれは見かけの太陽の大きさの約20分の1(昇交点)から10分の1(降交点)なので,当分の間,図に示した昇交点での4系列,降交点での2系列の日面経過を繰り返す.


図 2000年〜2085年間の水星の日面経過経路図.円は太陽,青線は昇交点付近,緑線は降交点付近における日面経過を表す.日面経過の月日は世界時で示している.(2006年11月8日の経過では各時刻における水星の位置を記している.*1hは翌日の1hを表す.)